婚約破棄

婚約破棄とは

婚約とは男女が結婚を約束することです。

 

とはいっても、法的には婚姻届のように何らかの手続きがあるわけではなく、本人同士の約束という形態となっています。

 

ですから、口約束であっても婚約です。どちらかがプロポーズをして相手がオーケーの返事を出したとすれば、それだけで婚約が成立します。

 

破棄とは、契約や約束を一方的に取り消すことです。つまり婚約破棄とは、婚約を男女のどちらか一方が取り消すことです。

 

婚約はとても簡単に成立しますが、だからといってただの約束と一緒に考えるのはよくありません。結婚とは人生にとって重要なものでもあり、さまざまな手続きも必要です。

 

本人同士だけの問題ではなく、家族や知人にも関係することがたくさんあります。すでに結婚式や披露宴の準備を進めていたり、婚約指輪などを用意していたりしたら、お金の問題も発生します。

 

また、世間体の問題もあるでしょう。離婚する夫婦が増えましたが、それでもやはり、離婚は自慢できるものでも喜ばれるものでもありません。

 

婚約破棄もそれと同じような感覚を持つ人も多いことでしょう。婚約破棄を申し出るほうであればまだしも、婚約破棄をされた側はみじめな思いをする人もいるはずです。

 

慰謝料(損害賠償)の相場

慰謝料は、精神的苦痛に対する賠償金です。

 

精神的苦痛は目に見えるものではなく、数値で表現できるものでもありません。ですから、慰謝料の金額は非常に判断が難しくなります。

 

多くの場合、20万〜100万円の範囲で支払われることが多いようです。一般的に、結婚して1年での離婚の場合の慰謝料が100万円といわれますから、それよりも安い金額で納まるのが妥当という考え方のようです。

 

自分は非常に大きな精神的苦痛を受けたから、1,000万円でも1億円でも請求したい、ということもあるかもしれませんが、だからといって一般的に考えると金額が大きすぎます。

 

双方の話し合いで慰謝料の金額が決められないときには調停、裁判へと進みますが、この場合もやはり20万〜100万円になることが多くなっているようです。

 

ただ、婚約破棄の理由が相手の借金であると、支払能力がみなされて慰謝料の金額が下がってしまうこともあります。

 

分割という方法もありますが、慰謝料が払われるたびに婚約破棄のことが頭をよぎり不快な思いをすることも考えられます。

 

それよりは、慰謝料は少なくとも二人の関係をさっさと解消させたいと思う人も多いようです。